K邸


スライドショーには JavaScript が必要です。

見事な桜の木を正面に望む大きな窓の連なりは、外から見るよりも室内に足を踏み入れた時にその開放感を実感することができます。

天井の高い中心にリビング、左右に寝室をレイアウトした大屋根スタイルのシンメトリーなデザイン。
柱の接合部に特殊金物を用いた強固なフレームが建物を支えるため、大開口と広々とした室内空間を実現。格子状に配した太い集成柱と窓の組み合わせが天井まで届き、全面吹抜けのリビングを圧倒的な開放感に包みます。
2階には天井勾配を利用した書斎コーナーなどのプライベートスペースを配置。ダイナミックなデザインが、別荘での滞在に非日常感をもたらします。